主な出来事

平成29年度

 

平成29年度放水式

2017-04-25
NEW
 平成29年4月21日(金)、胆沢平野土地改良区のシンボルである円筒分水工の放水式が胆沢区若柳字土橋地内の徳水園で行われました。
 式には東北農政局國井聡次長、東北地方整備局高村裕平河川部長、岩手県村瀬勝洋企画調査課長、奥州市鈴木良光農林部長、金ケ崎町髙橋由一町長、はじめ関係機関の皆様方にご臨席を賜りました。宮司による農業用水の清祓後には、円筒分水工と、命水の大噴水から勢いよく水が噴き上がりました。神事の後に及川理事長は「命の水は、農業用水の役割だけでなく、人と人や歴史を後世に繋ぐ大きな役割を果たしている」と挨拶を述べました。また、狼ヶ志田神楽保存会の胆沢中学校1、2年生による御神楽が奉納され五穀豊穣を祈願しました。
 
  ●命水の大噴水 噴水期間
   放水式から10月まで
   □10時から16時まで
   □1時間おきに15分間の噴水
 
  ●夜間ライトアップ期間
   4月22日から30日まで(予定)
神事の様子
挨拶を述べる及川理事長
狼ヶ志田神楽保存会による神楽奉納
命水の大噴水

平成27年度