本文へ移動
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 理事会
0
3
0
4
1
6
胆沢平野土地改良区
〒023-0881
岩手県奥州市水沢字北田140番地1
TEL.0197-24-0171(代表)
TEL.0197-24-0216(クラウド推進室)
FAX.0197-24-0174

トピックス

平成30年度

葦名堰四百年記念式典・記念祝賀会が開催されました

2018-11-12
 
 平成30年11月11日(日)葦名堰四百年記念式典、記念祝賀会が奥州市胆沢小山の逆さ堰農村公園で開催されました。当日は実行委員会や関係機関、地元の方々約80名が出席し、神事では記念碑の除幕も行われ「報本反始 恵水久遠」の顕彰の思いを刻み建立されました。
 葦名堰四百年記念事業実行委員長の高橋重一委員長は「先人のひたむきな労務の積み重ねの上に今日がある。歴史的にも優れた技術での開削の偉業を顕彰し、新たな時代へ継承することが我々の使命である」と式辞を述べられました。
 式典祝辞で及川理事長は「国営事業をきっかけとした湧出口の復元から一般公開、そして本日の記念事業開催と、先人の遺業に学び地域の風土を守り100年後に向けた確かな道標を築き上られた。本地区の農業農村を益々力強く牽引されることを祈念します」と祝辞を述べました。
 
※葦名堰(二の台堰)は、元和4年(1618年)に胆沢の領主葦名盛信公が5代、50有余年の歳月を掛け二の台地域を開拓すべく、平堰と穴堰を交互に配した高度な農業土木技術を駆使し総延長24kmの水路を完成させた。
 
記念碑除幕の様子
式辞を述べる高橋実行委員長
祝辞を述べる及川理事長
TOPへ戻る