本文へ移動
2019年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 理事会
0
3
6
5
5
5
胆沢平野土地改良区
〒023-0881
岩手県奥州市水沢字北田140番地1
TEL.0197-24-0171(代表)
TEL.0197-24-0216(クラウド推進室)
FAX.0197-24-0174

クイズスタート!

現在開催中のクイズはありません

第8回クイズ胆沢平野【応募を締め切りました】

葦名堰
Q1.今から400年前(1618年)、衣川荘の領主葦名氏は胆沢小山の二の台地域を開拓するため、現在の奥州市衣川から総延長24kmに及ぶ「葦名堰」という水路を作りましたが、その水路は穴堰(随道)と平堰(開水路)を交互に配置しており、当時の農業土木技術を駆使した高度なものでした。
 
穴堰と平堰を交互に配置したのは何故でしょうか?
   
   
 
アクアヒント!
  このホームページのどこかに答えが隠されているよ!
 
■クイズの解答方法はこちら!
正解だと思う番号をクリックして下さい。
 
①崖を避けたり、川や谷底を横断するため【正解】
 
 
 
TOPへ戻る