本文へ移動
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 理事会
  • 放水式
  • 総代会
1
3
3
4
7
0
胆沢平野土地改良区
〒023-0881
岩手県奥州市水沢字北田140番地1
TEL.0197-24-0171(代表)
TEL.0197-24-0216(クラウド推進室)
FAX.0197-24-0174

主な出来事

令和6年度放水式を催行

2024-04-24
 
 
 令和6年4月22日(月)、胆沢平野に農作業の本格化を告げ、五穀豊穣を願う「放水式」を催行いたしました。
 放水式には農林水産省東北農政局北上土地改良調査管理事務所兼平正樹所長、国土交通省東北地方整備局北上川ダム統合管理事務所小田桐淳司事務所長、岩手県県南広域振興局小島純局長、倉成淳奥州市長、髙橋寛寿金ケ崎町長を始め関係機関、関係団体のご来賓の方々にご臨席、ご祝辞を賜り厳かな雰囲気の中で玉串奉奠など神事が執り行われました。
 挨拶で千田公喜理事長は「今年は積雪が例年より少なく心配していたが、代掻き期までのダムの貯水量は問題ないと胆沢ダム管理支所小田桐匠支所長からお聞きしている。夏季の降雨量によっては貯水率が50%を切ることも想定されるようだが、石淵ダムの9倍の貯水量を誇る胆沢ダムなので支障はないと思うが、情報共有しながら“土地改良区最大の使命である農業用水の安定供給”に努める」と述べました。
挨拶を述べる千田公喜理事長
玉串を奉奠する倉成淳奥州市長
玉串を奉奠する髙橋寛寿金ケ崎町長
円筒分水工と命水の大噴水 ドローンにて撮影
TOPへ戻る